日本経営士会 埼玉支部

支部長挨拶

埼玉支部を会員一人ひとりが、チャンスを広げられる場にしていく

埼玉支部を「励起」する支部長を目指します

 2020年度に、新しく埼玉支部長となりました柴田郁夫です。どうぞよろしくお願いいたします。
私は、1987年から現在まで33年間、株式会社の代表をしております。経営士となったのは10数年以上前ですが、当時は大学の助教授も兼務しておりました。
その後NPO法人の理事長や一般社団法人の代表理事など、会社の代表取締役とは別の顔でもビジネスをしてきました。主に携わってきた分野は「教育」で、現在も職業訓練校の運営や「キャリアコンサルタント養成講習」などを主催しております。教育で重要な事は、いかに個を励起できるか、だと思っています。経営士会の支部長として教育を行うわけではありませんが、個々の会員の方が活性化して成長して頂ける機会をできるだけ提供していきたいと思っております。
例会を始めとした様々なイベントを開催し、参加者も増やして、支部全体を「励起」していきます。

 

経営士会埼玉支部をどのような場にしていきたいか

 さて、今回拝命した日本経営士会埼玉支部での支部長の仕事では、どのような形で、支部全体を「励起」できるのでしょうか。
 経営士会は、それぞれが経営コンサルをしている士業の人たちの集まりです。その場自体が、仕事の場というわけではありませんが、多くの会員の方は、この経営士会に入る事で、自身の仕事が広がったらいいと思っておられることでしょう。人脈ネットワークを広げたいという思いも強いでしょうが、それも突き詰めていけば、自身の仕事の幅を広げたいという点につながっていくでしょう。
すでに経営士会という場が、そうした会員の方達のニーズを吸収する仕組み(場)となっているのでしょうが、そこでは、さらにそうしたニーズを十全に満たせるようなディテールとしての仕組みも必要となってくるように思われます。

 ただ所属しただけでは、人脈を広げ、仕事の幅を広げるという事に直接は繋がらない、ということです。 必要とされる仕組みの第一は、交流の場が、いろいろな形で用意されることと考えます。埼玉支部では、月1回の定例会を開催していますが、そこでは会員の方の声も反映して、必ず会員一人ひとりの近況を発表してもらっています。また基本的にオープンな場として、会員以外の方で経営士会に関心をお持ちの方にも自由に参加してもらえるようにしています。
 人脈が広がる場、そこからチャンスが広がる場にして頂きたいという思いからです。
また毎回、定例会では15~30分程度のミニプレゼンテーションを会員の方にしてもらっています。これは1~2分の近況や自己紹介だけではわからない、もう少しつっこんだ話を聞く事によって、会員相互の理解が深まるように、という意図から行っているものです。
 しかし決して長いプレゼではありません。そこから、より深く関心をもつ人が現われれば、分科会(勉強会)が別途立ち上がるということを良しとしています。
 先般も、お一人の会員の方から管理会計の話を、ご自身の体験談も交えてミニプレゼをしてもらいましたが、そこからより深く関心をもった人たちが勉強会を別途立ちげようとしています。 そのような動きがどんどん出てくることが、会員一人ひとりのチャンスを広げることにつながると考えているのです。

 

「サーバントリーダーシップ」の発想で支部長の役割を果たすこと

 多くの会員の方は、すでに経営士会に入会したという時点で、オープンマインドを少なからずお持ちの方であろうと想像しています。
 他の会員や時には外部の人たちとも交流して、自身の世界を広げ、成長をしていきたいと思っておられる方々が大半であろうと考えています。
 そうしたオープンな姿勢をお持ちの方々に、仕組みとして作っていきたいのは、自由にご自身の意見や考えを出して頂けるような場の設定です。
 いまはそれが月1の定例会だけですが、そこから派生した出来た分科会(勉強会)や懇親会、趣味の〇〇会のようなクラブ活動的な会など、様々な形での場(仕組み)が自然発生的にできていく、といったイメージを、私はこの埼玉支部に描いています。
 そのためには、オープンでかつ、積極的に渦を作っていけるような方たちが、どんどん現れてきていただけることがいいことだと思っています。そしてそうしたことが起きるような場や仕組みを創り出す(整える)のが支部長の役割である、と考えています。
 「サーバントリーダーシップ」という言葉があります。召使いのように、場を整えていくことをリーダーシップの要諦とする考え方です。私もそうした発想で、この役割を担っていきたいと考えています。 会員の皆様方には、私がお声を掛けてブリーフプレゼをお願いすることもあろうかと存じます。ぜひ、ご自身のおやりになっていることをお話頂ければと思います。それが他の人を刺激し、そこから思わぬ広がりやチャンスが湧き出て来るということがあるような場が、この経営士会埼玉支部になったらいいな、と思って、場づくりを行っていこうとしているのが、私だと思って頂ければ幸いです。
 一人ひとりの会員の方が、自由に声を出せ、そこから何かが生み出されていくような場や組織にしていくことで、その場にいる人一人ひとりにとっても、自らを成長さえ、創造的になれる場になったらいいと思っています。 それが「働く事を通じての幸せ」にもつながっていくと思っているからです。(2020/9/15)

 

【 柴田郁夫(しばたいくお) 】

1956年東京生まれ。1979年早稲田大学理工学部建築学科卒業、1981年同大学院建設工学研究科修了。 株式会社志木サテライトオフィス・ビジネスセンター代表取締役社長。一般社団法人地域連携プラットフォーム代表理事(共同代表)。青森大学経営学部助教授(准教授)および客員教授、日本テレワーク学会会長などを歴任。 国家資格キャリアコンサルタント。国家技能検定キャリアコンサルティング技能士2級および1級。組織キャリア開発士。組織キャリア開発フォーラム代表。

[著作]
『SOHOでまちを元気にする方法~自治体との協働ガイド』(ぎょうせい)
『国家資格キャリアコンサルタント学科試験 要点テキスト&一問一答問題集』(秀和システム)
『国家資格キャリアコンサルタントになるには』(秀和システム)
『テレワークの先駆者が教える~やる気UPのテレワーク術』(Kindle版)
『キャリア・ダイナミックスⅡ』(亀田ブックサービス、エドガー・シャインらとの共著)
『PI(パーソナルアイデンティティ)を理解すれば時代の面白さが見えてくる』(PHP出版、共著)
『国家資格キャリアコンサルタント実技試験(面接・論述)実践テキスト』(秀和システム、共著) 他


[訳書]
『NTLハンドブック~組織開発(OD)と変革』(Next Publishing Authors Press、組織キャリア開発フォーラムとの共訳、監訳者)
『フォーミング ストーミング ノーミング パーフォーミング~タックマンのチームビルディングモデルの4段階』(プロセス・コンサルテーション、共訳)

埼玉支部 概要

名 称 一般社団法人 日本経営士会 埼玉支部
住 所 〒353-0006
埼玉県志木市館2-5-2鹿島ビル4階 志木サテライトオフィス内
電話番号 048-476-4600


役員紹介

 
支部長 柴田 郁夫
副支部長 鈴木 栄治
相談役/顧問 小林 敏雄
監 事 春原 和夫
監 事 小西 洋三
幹 事 堀脇 泰
幹 事 江上 範博
幹 事 臼倉 恵美子
幹 事 渡部 正司